化石?

最新のコメント
片えくぼさん simaも..
by ssimaa at 13:40
片えくぼさんこんにちは。..
by ssimaa at 13:36
わぁ バケットサンド手作..
by 片えくぼ at 03:17
simaさん こんばん..
by 片えくぼ at 03:03
Instant Acce..
by ssimaa at 15:31
Ridiculously..
by Instant Access at 14:22
片えくぼさんこんばんは。..
by ssimaa at 18:51
片えくぼさんこんばんは。..
by ssimaa at 18:48
茄子! 昨夜 ズッキーニ..
by 片えくぼ at 02:49
simaさん こんばんは..
by 片えくぼ at 02:41
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 04月 ( 103 )   > この月の画像一覧


育った島では
引っ越して二代目なので
島の言い習わしで 「旅の人」でした。
(三代目までは旅の人、だとか。)

生まれて最初に付いた称号が
「旅の人」だったとは

旅行が大好きなので
今,しみじみと嬉しいです。
そもそも 定点で一生を終える人であっても
その人も 旅の人。だとも 思います。

利用している路線には
殆ど通勤列車,という色合いがないので
少しずつ旅に出ているみたいだなぁ。。
と 窓外を眺めています。
c0077330_17291.jpg


by ssimaa | 2007-04-16 17:03 | 音楽

筍の天ぷら

今年もまた
筍を沢山戴きました。

朝掘りたて を 午後一番に。
山の旧家の 知人Y氏に 戴きました。

ありがとうございました。

知人Y氏の背中が視界から消えると同時、
それぇええっ!
の勢いで 筍の外皮の外の方をおおざっぱに剥ぎ
大きい方のお鍋に 水と植物油を注いで
コトコト茹でました。

小さな2本は
以前読んだコミック『美味しんぼ』で 丸焼きを していたので
外皮を少し付けたまま アルミ箔で包んで
オーブンで焼いてみました。

沸騰させない様に茹であげたほうは
早速 がんもどきとお煮しめ。
すなっぷえんどう。お出汁を取った昆布も柔らかいので添えて食べました。

さらに 家族にこれが好物の人が居るのです。
お煮染めを 天ぷらにしたもの。
穂先の柔らかい部分。 たらの芽。 小エビのかき揚げ。

ほうれん草のおひたし や 新玉葱の おかか掛け。

と 本当に賑やかな食卓でした。

水煮の筍は 毎日 炒め物とか スウプの具とか
いろいろに 使っています。

家族の一人は 口もちくちく 気分も悪くなるので
たけのこは 食べないです。
大喜びの家族と 残念そうな家族と。

それでも 皆で 竹の子の季節だねぇ。。と
しみじみします。


Y氏 何時も 遠い所を お手間入りを
本当にありがとうございます。


c0077330_161452.jpg


by ssimaa | 2007-04-16 16:01 | 音楽 | Comments(2)

いいオトコ

いいオトコにとっても弱い。

いいオトコ が どんなのか 
ひとまとめに出来ないんだけれど

以前は ハンサム系が お呼びじゃないんだ。と
思ってたが

ポルノチームは みなさん、そろいもそろって
ハンサムだし。。


先日見蕩れた相手は。

c0077330_15395821.jpg


by ssimaa | 2007-04-16 15:40 | 音楽 | Comments(6)

p

はるきゃべつはるきゃべつ
はるきゃべつ
はるきゃべつはるきゃべつ

はるきゃべつ の しろみそさん ありがとうございます。

できたっ。

今夜は はるきゃべつ と ちくわ の 白みそ和え
だぁ!!

by ssimaa | 2007-04-16 10:43 | 音楽

An Old Fashioned Love Song by Three Dog Night

チューンして
安心して眠ってたら

そんなに好きではないけど よく眠れるなぁ。。という
福山さんの声の合間に
前回の夜 きこえてきた。

ただの 古くさいラブソングなんだけれどね。

でも その音楽は
君のとこから決して去りはしないと約束した誰かの
気配や かもす物音で
すっぽりと包まれているね。

前にも聞いた事あるわ、ぜったいに、って 君は
きっという。
わざわざ改めて持ち出すまでもないんだ。だって 本当に決して
何処かへ行っちゃってた事はないんだもの。

ただの 古風なラブソングなのだけれど。。。。

これをうたってるヒトは
そのころのsimaからは とても大人のオニイさんで
なんとはなくこころがやすらぐ
とてもすきなうただった。

オールドファッション というドーナツを
その数年後 ドーナツ屋で見つけた時
(あ。オールドファッション,って言葉、ここにもある!あのうたの言葉。)
と 思った。


そしてこのうた自身が
Old Fashioned Love Songになった。

けっして何処へも去ってはいなかった。
何年もうたった事はなかったのに
ながれたとたんに
喉がうたっていた。

いろんな事が
一緒に思い出されました。




c0077330_16211127.jpg
夜ごと灯を暗くして 僕と君が二人の夢を編み上げては  このうたをきくんだ。そのために このうたは つくられたんだよ。。。ぜったい そうだな。。。

by ssimaa | 2007-04-15 16:28 | 音楽 | Comments(2)

4週間

一ヶ月も流れたんだな、月日。

なんだか 爽やか。とおもったら

ミニスカのヒトが多いんだ。
コートが 軽いジャケットに。
季節が はっきりと ハルになったんだ。


横浜の会場が 白っぽく 
お祝いの生花が映えて色とりどりだからではなくて。

そうだね。こちらはすっかり葉桜で
山桜の葉っぱすら
うすべに色はしていない。透明感ある明るいみどりです。

長かったんだ。夜ごと嬌声を揚げ
知らぬまに過ぎた4週間。

でも ほんとは こんなに長い期間だったんだ。

(そういえば自分の服も変わったじゃん?)

でも  夜ごと嬌声を揚げ
知らぬまに過ぎた一ヶ月。

こういうのを シアワセというんだよな。
ありがとうございます。ほんとは 長かった今まで。
そして これからのツアーも。

c0077330_20241514.jpg


by ssimaa | 2007-04-14 20:24 | 音楽 | Comments(4)

ソーシッジ に パンケイク そして メイポーシィラップ

マックスのおじちゃんは
奥さんと二人暮らし。

70歳くらいのカップルで
奥さんの方が 
デパートにお勤め。おじちゃんは 主夫でした。

小さな犬がいて (マルチ−ズ?)
ソイツが マックス。

マックスのおじちゃんは 料理が上手で
何時も部屋からいい〜匂いがして来る。

日曜の朝は いつも とっておきの御馳走だ。

アッサリ生地に日に依っては ブルーベリがたっぷり入れられた
薄焼きパンケーキ。

そして
セージの香りがたまらない お手製ソーセージ!
あの 羊腸に入れない 細長ハンバーグみたいなヤツ。

それらを ひと皿に盛り合わせたら

身体に悪いよ,サンキューベリィマッチ!
と ウィンクして

たぁあああっぷり とろぉ〜〜り
本場のメープルシロップを掛け回す。

脂肪ごっそり、塩味 超ど級のソーセージに
ふわふわパンケーキ。
そこへ メープルシロップの 深い 鮮烈な甘さ。。。

ああぁ。あんな素敵な朝ごはんは 他にない。

マックスのおじちゃんは
この世を生きる  正しい生き方を教えてくれた。

日曜の朝以外は
チリビンズに チキンとチーズに 野菜のブレゼに。。。。。
何にせよ 
優等生なのだ。

c0077330_1582672.jpg
ふつーの食パン。北海道産パン用強力粉  春よ恋、牛乳、キャノーラ油、砂糖、イースト、塩。

by ssimaa | 2007-04-14 15:12 | 音楽 | Comments(8)

ドーナツ  或は Love me Tender by Elvis Presley

夏の暑い日に母が 

エルビスが死んじゃった。。

一言いった。TVをみていて
誰にともなく言った。

何時もは話しかけると
うるさいっ。
とか
あっち行ってなさいっ。
とか
怒鳴り返してくるのが

何話しかけても

うん。

だけが しずかに還って来た。
その部屋が
恐ろしい位煙草の煙で薄紫色になっても
そのなかに

静かに座ったままだった。

戦後という一時期に
大阪で遅い青春を謳歌していた母には
経済復興も
自由も 

すべてが   エルビスプレスリー

だったのかもしれない。

ラジオから流れるエルビスプレスリーのこえ
映画館に満ちる おとの渦。
それを 生活の区切りにする様な時代だった。

すっかり精彩を欠いた後年に
さらに後から伝えられる素顔は
真実なのか 虚像なのか

律儀で小心者な青年がアメリカンドリームに乗って

睡眠薬と覚醒剤と。
  唯一の贅沢の象徴;ドーナツ

に まみれて   たった42歳で一生を駆け抜けた。という話。


ドーナツは エルビスを思い出させる
あまい声にのせて
 自由の透明さ 爽快さ 潜む恐怖を伝えるために

自分をなくしてしまった素朴な男。
 ドーナツ の香りのような おとこ。






c0077330_14382984.jpg


by ssimaa | 2007-04-14 14:40 | 音楽 | Comments(0)

むずむず

以前TVでみたときから なんか
むずむず。。。

つくってみたい。かも。。
口の中でとろけるドーナツ。最初のヒト噛みがクリスピー
 なのね?

つくってみたいぜ。。

粉なら例の あの どぉ〜んな材料屋さんに
各種アリマス。

で。。イーストドーナツなんだね?

で。。口の中でとろけるってことは。。

で、グレーズ掛けるんだ。。

で、香りは何だか解んないんだなぁ。。

で、日本向けの御味付け?
それとも 祖国のまんまのレシピでスカイ?

ま  食感だけは 追求してみようじゃないの。
成型が出来ないんだけど。。。あてくしは。。。
で。
ロックなステージになんか 
上がらないんだから
失敗作の山をたべて
で部 入部できますね。太鼓判だ。

いや。太鼓腹だ。。

by ssimaa | 2007-04-13 18:03 | 音楽 | Comments(4)

ようこそ いってらっしゃい そして おかえりなさい!

横浜には 一列に並んでにこっとしてくれる
観客を迎える やさしいおねぇさんの御出迎えがあるのですね。

そして 舞台袖の
機材。
両側に びっしり。
いってらっしゃいっ。
おかえりなさい。。

えっと
キャビネットがみんな立派な傷持ちでいらっしゃる

んだから

いってらっっしぇせえやし!
おかいんなさいやし!

なのか?

頼もしい背骨だ,ステージの時間の。

そこまでは暗い
そこからは 眼がくらむ眩しさだ
暗闇は もう 律儀な相棒でビッチリだ。

もう 恐れるものではなくなった。

by ssimaa | 2007-04-13 16:44 | 音楽 | Comments(2)