化石?


海!音楽!珈琲!
by ssimaa
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
片えくぼさん おはようご..
by ssimaa at 09:13
片えくぼさんおはようござ..
by ssimaa at 09:09
爽やかで清々しい、この時..
by 片えくぼ at 16:02
こんばんは! 今年もあ..
by 片えくぼ at 02:00
片えくぼさん ここを覚え..
by ssimaa at 08:40
simaさん 随分ご無..
by 片えくぼ at 02:55
片えくぼさんこんにちは。..
by ssimaa at 16:32
1. 片えくぼ 2016..
by 片えくぼ at 02:34
片えくぼさんこんばんは。..
by ssimaa at 18:59
こんぼんは コオロギが..
by 片えくぼ at 23:17
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

八代田貫一郎植物園

八代田先生は 物理の先生で
その御父上は
英国王立キュウ植物園研究生コースを終了され
王立植物学会員でいらっしゃった。

ケツの青い生徒達は
「その問題は ボクには 解らない」と
はっきり断言する新卒の先生が珍しくて
あらん限りの難しい質問を考えては
先生の後を追いかけた。

「アイツ,新米教師で 解らんのや。」
と 先生いじめて喜んでるつもり。

でも
それから何年かたって、
後になってよく解った。

「解らない.そこんところ、知らない。」
は 一番すごくすごい言葉なんだ。

いじめてるつもりだったけれど
先生の方は いつもにこにこで
いつでも 時間いっぱいいっぱい
話し込んで下さった。

進級してクラスが別れるとき
担任でもないのに
皆で八代田先生の御宅へお邪魔した。

先生は 島の先っぽの半島の
古いお家に
変人,として地元で知らぬ者の無い御父上と
二人で暮らしていらっしゃった。

平気で 破れたこうもり傘をさして
雨に濡れて歩いている様な若者でした。

八代田先生は迎えに出て下さっていて
ご自宅のある丘へ 案内して下さった。

げんこつ2個くらいの石が積まれて
緩やかに土の道が上ってゆく。

誰かが 何気なく
石の間に生えてる雑草を靴で突いて掘っていると
「あ。。。。あぁあ。。あの。。あまり,生えてる者を触らないで。
それは、〜〜〜〜〜〜〜〜といって、とっても珍しい植物なんだ。。」(にこにこ)

つまりは
御父上の八代田貫一郎先生が
丘を丸ごと御自分でロックガーデンにしていらっしゃったのだ。

地元の人は
「変人だ。貧乏してまで草ぼうぼうにして 喜んどる。」

お邪魔した日
八代田貫一郎先生には御会いしなかったけれど
丘を登る道沿いで 若い方の先生と
影オニなどして楽しく遊んだ。

図らずも 英国王立植物学会員の手になる
希少植物の宝庫、ロックガーデンで。

1972年には朝日新聞社から「続々 野草の楽しみ」という著書も出されていらっしゃる。
今でも名著として ガーデナーから重宝されているのだそうです。

先日 八代田貫一郎さんの仕事をまとめた壁画が完成したそうです。
行ってみたいな。

「わからないよ」という言葉の重さを
最初に教えて下さった 物理の先生 
ありがとうございました。

c0077330_1714720.jpg


by ssimaa | 2007-02-20 17:02 | 数学 | Comments(13)
Commented by 小林じん at 2008-09-03 04:06 x
初めまして。急なメールで失礼いたします。
私は現在KEW GARDENにインターンに入っている者です。
KEWにはリチャードという名のBONSAIスペシャリストが在籍しているのですが、彼から連絡があり八代田貫一郎さんの庭(彼はメールにAcclimatization Garden" in Shodoshimaと書いています) はまだあるのだろうか?と質問を受けました。
リチャードは盆栽の研究のためにKEWに保存されていた八代田さんの文献を何度も読んだそうです。
もしご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
文章にある壁画の所在地も教えていただけると嬉しいです。
長くなり申し訳ありません。
Commented by ssimaa at 2008-09-03 14:10
小林じんさんこんにちは。はじめまして。コメントを頂戴しましてありがとうございました。八代田寛一郎先生に おめにかかったことはありませんでしたが その御子息に 物理学を教わりました。とても懐かしくコメントを拝読させていただきました。 記念壁画の位置 庭園の現在の様子など simaは今現在は詳しいことを存じませんでしたので 問い合わせております。こちらの時間で4日の午後にでも 小林じんさんのブログへでも 伺わせていただき お伝えできるかと思います。あまりお役には立てないかとは思いますが 知りえる限りのことをお伝えしたいと思います。お待ちいただきますようお願い申し上げます。
Commented by 小林じん at 2008-09-04 00:41 x
昨夜は不躾なメールで失礼いたしました。
貴重なお時間を割いていただき本当にありがとうございます。
こちらは全く急ぎませんので、simaさんのお時間と余裕のあるときにでもどうか宜しくお願いいたします。
Commented by ssimaa at 2008-09-04 14:47
小林じんさんこんにちは。とんでもございません。あまりお役には立てなくて こちらこそ恐縮しております。ところで 早速そちらのブログへおじゃまして イギリスの空気を思いっきり吸わせていただいているところです!大樹が元気に一生を過ごす。。小さな芽生えを目にしたときからの知り合い とか ある時ドラマを感じた木陰とか 木には たくさん思い出があります。。木が元気でいてくれる。。というのは 個人的な思い出と絡んででも しみじみうれしいです。。世界中のどんな木にも 何かの物語があるのだろうなぁ。。と 想像したりします。
Commented by 小林 at 2008-09-05 07:53 x
わざわざ電話までしていただいて、ありがとうございました。
本日リチャードは何かの植物を送りたいんだと言っていましたが、それが可能なのかどうか、私が帰国した際にもう一度本格的に問い合わせてみますね。
私も行ってみたくなって来ました。
明日はKEW生徒の卒業式なんです。
八代田さんも何十年も前にここを卒業されたのですね。
こうしてリチャードから八代田さんについて質問され、simaさんのブログにたどり着き、ご子息様の教え子だったことを知り、明日が卒業式だと今日知って、なにか深い縁を感じました。
素敵な出会いと素敵な返信に感謝しています。
リチャードが八代田さんについて書いたエッセイ?を添付してみます。開けない場合はまた教えて下さいね。
Commented by 小林じん at 2008-09-05 07:56 x
すみません。小林の部分を押せば、その添付ファイルにジャンプする具合になってしまいました。
Commented by ssimaa at 2008-09-05 19:57
小林仁さんこんばんは。リチャードさんの作品の添付ファイルにつきましては こちらのブログでは何方から紹介された添付ファイルであっても開封しないことになっております。その旨ご了承戴ければと思います。八代田貫一郎氏についての問い合わせも ごく一般的なことでしか お役に立てませんでした。小林じんさん が 今後 どなたかもっと 専門的に 氏とその業績について詳しく御存知の方に出会われますように。。と思うばかりです。
Commented by 小林じん at 2008-09-09 02:33 x
まだリチャードには会っていませんが、充分な情報でした。彼もきっと喜ぶと思います。ありがとうございました!添付ファイルについても了解です。
Commented by ssimaa at 2008-09-09 21:26
小林じんさんこんばんは。八代田貫一郎氏が 盆栽について詳しいという御話も 氏が書かれた論文のことも 初めて知る事が出来ました。こちらこそ 色々な事を教えて下さり ありがとうございました。
Commented by 南堀英二 at 2011-01-03 16:29 x
 はじめまして
 八代田貫一郎先生こと、「雨の旅人」は、エンサイクロペディアブリタニカに「盆栽」について掲載しております。この事は、小豆島の植物学者の故片本毅(土庄高校教頭)先生から聞きました。
Commented by ssimaa at 2011-01-03 16:51
はじめまして南堀英二さん。お教えくださいましてありがとうございました。八代田貫一郎氏は盆栽で世界的な有名な先生でいらっしゃったのですね。。小豆島は希少植物の宝庫と効いたことがあり また日本初栽培という植物も多いときいたことがあります。瀬戸内国際芸術祭の折も植物系の素材の作品が多かったように思います。この度は貴重な御話を教えてくださいましてありがとうございました。
Commented by じろう at 2011-06-23 12:01 x
こんにちわ。
 小豆島の出身のものです。八代田の方と近くに住んでいましたが、最近になって、このおじいさんのありがたみも身にしみています。
 母は、変人扱いされている人ではあったけど、たいへん気に入っていた方だったそうです。
 大きく名を広げなくてもよいので、八代田の世界を残していってくれる方がいたらいいですね。
 私は盆栽のイメージが少ないのですが、シダやキントキソウなどの根の伸ばし方や胞子と種の飛ばしかたなどを金時人参の話と組み合わせて話をされていたようにも思います。
 他にどのような話をされていたのか、また、母に聞いてみたいとおもいます。 
Commented by ssimaa at 2011-06-26 16:49
じろうさん こんにちは。はじめまして。懐かしい御話をしてくださいましてほんとうに ありがとうございます。simaは八代田貫一郎先生に直にお会いしたことはありませんでしたが シダについても詳しくていらっしゃるのでしたか。。キントキソウ という名前もsimaは 初めてじろうさんから教えていただいています。珍しい植物なのでしょうね。。金時人参!これはsimaは 大変好物です。そうでしたか 八代田貫一郎先生は 金時人参にも詳しくていらっしゃったのですね。。じろうさんの御母様は 直接に八代田貫一郎先生と御話をされていたとのこと 想像するだけでも とてもとても楽しい御話であったろうなぁ。。と わくわくしています。 楽しい御話を教えてくださいまして ありがとうございます。
<< 新酒 青い薔薇 >>